HOME>注目記事>公認会計士資格を取得するために必要な勉強方法

初心者にこそ勧めたい勉強方法は?

要点を押さえて繰り返し学習するのが、高得点を狙うポイントです。学習テキストをうまく使いながら復習を重視しましょう。

公認会計士試験の勉強方法

単元ごとの学習計画を立てる

目標を決めて試験日から逆算して勉強することで、それぞれの単元を学習する期間が決まります。

資格取得に特化した予備校で学ぶ

授業内容を理解した上で、課題や模試まで用意されている予備校を使うと効率的です。

繰り返し同じ問題を解く

長期間の学習で忘れることがないように、振り返る時間をしっかり確保しましょう。

練習を怠らないようにする

計算ミスや電卓の操作で手間取ることがないように、不安要素を減らしておきましょう。

丸暗記のものと理解するものを分ける

丸暗記するものは繰り返し覚え、理解が必要なものは理屈をきちんと整理して覚えるととっつきやすくなります。

合格に近づくためのコツの一つとは

女性

独立開業をしたい、将来性のある資格を取得したい等と考える人に選ばれている資格の一つに公認会計士があります。これを取得すれば公認会計士としてはもちろん、税理士の業務も出来るため、難関試験の一つですが勉強している人は多いようです。そんな公認会計士の勉強は、効率よく行わなければいけません。そのためのコツの一つに、選択科目の内どれが自分に向いているかを早く見つけるという点があります。受験者の大多数が選択すると言われるのが経営学ですが、それが自分に合うとは限りません。例えば暗記科目が苦手で、理系の経験があり高度な計算が得意といった場合には、統計学を選ぶと他と差が付けやすいです。

苦手分野を無くすようにするのも重要

男性

また、公認会計士試験合格のためには、全ての科目をまんべんなく勉強して苦手分野を無くすという事も大切です。公認会計士の試験にはいわゆる足切りがあり、そのラインは一科目につき四割が目安と言われています。つまり、一つの科目がほぼ満点であっても、どこか一つで四割を切ってしまうとその時点で不合格となるのです。それぞれの科目ごとの知識をしっかりと理解するまで次の科目にはいかない等の勉強法で、穴を作らないのが大事になります。

ただ長くするのではなくメリハリを付ける

電卓と書類

そして、公認会計士の勉強で特に大事な事とされるのが、ただ長い時間勉強をするのではなく、短時間集中で勉強するように心がけるという事です。公認会計士試験の科目は、しっかり内容を把握して、それをどんな場面にも使えるようにしなければなりません。長時間やって満足するのではなく、短時間で集中して科目ごとの内容を理解するという点を重視しましょう。

広告募集中