公認会計士になるためには?

公認会計士になるには2回の試験に合格する必要があります。公認会計士試験に合格した後、実務経験2年と、実務補習所で単位取得をした後、最終考査を受けます。

公認会計士の勉強のコツを知る

明確な期限を決めて勉強する

何となくではなく、リミットを決めてしっかり勉強することで計画も立てやすくモチベーションも維持しやすいです。

体系立てられたテキストを使う

効率よく学習するためには、自分でテキストをかき集めるよりも、体系立てて全体を学習できるテキストを探しましょう。

忘れる前に復習する習慣をつける

学習期間が長いので過去に覚えた内容も放置すると忘れていきます。毎回少しずつ戻って学習するなど復習する習慣を持たないともったいないです。

正確な知識を身に着けるようにする

少しの日本語の差を問われる設問が多いので、日常よりも細かい日本語を気にして学習すると、本番のミスを防げます。

効率よく学習する計画を立てる

机に向かったものの勉強していない時間をなくすなど、やると決めた時間に集中してやるのが効率的です。

受験条件がないので誰でも受けられる

電卓と書類

人生において大きな影響をもたらす資格というものは、受験条件が必要になる場合が多いです。弁護士や看護師など、資格を取得すれば活躍できるものは、ほとんどは学校に通ってカリキュラムを修了させるなどが条件になっています。しかし、公認会計士は取得すれば活躍できる資格なのに、受験条件がまったく存在していません。学歴も関係なければ年齢制限があるわけでもないです。つまり、知識を身につけさえすれば、合格するのが可能なので、自分一人で勉強をしても公認会計士を目指せるということです。ただし、特定の資格を持っていたり、経験を積んでいたりする方は免除される科目があるので、受験を考えるのなら条件を調べておいたほうがよいでしょう。

まずは学習する方法を決めよう

男性

公認会計士になるために独学をしたいのなら、書店を訪れれば、対策本がたくさん売られています。メジャーな資格なので、基本的なものから上級者向けまでそろっていて、一人で勉強をするのに困ることはないでしょう。もしも、人から教えて欲しいと考えるのなら、公認会計士向けの口座を開設しているスクールへの参加をおすすめします。合格するための授業を行ってくれるため、最短で公認会計士になりたい場合も利用を考えましょう。

試験日を把握しよう

電卓

公認会計士になるための試験は年に一回しか行われていないため、まずはその日時を把握することをおすすめします。そして、いつの試験を受けるかによって勉強のスケジュールが変わってくるので、どのタイミングでチャレンジするのかを最初の段階できちんと決めたほうがよいです。なお、公認会計士試験への申し込み方は、公式サイトにあるので読んでおきましょう。特に締め切り日の情報は大切なので、出願に躓かないためにもしっかりと把握しておかなければいけません。

公認会計士の勉強法を徹底リサーチ!確実&最短な合格を目指す

時間も費用も効率的に活用できる通信講座公認会計士を目指し勉強

広告募集中